ニート生活10日目

雑記

あっという間に時が過ぎていく、働いてた頃は1週間が果てしなく長かったけど今は1日1日が夏に食べるアイスみたくすぐに溶ける。これがニート生活か、あともう1回瞬きしたら1カ月過ぎてそう。

普通に無気力

何もしたくない、何も考えたくない、ふかふかのソファーにふんぞり返ってコーヒーを片手に遠くを眺めていたい。

幸いにもまだ昼夜は逆転してない。そこの生活リズム崩したら戻ってこれない気がする・・・

ブログの方は1日1記事書くので精一杯だ。どうやったら収益になるかとか全然考えてないや。このまま雑記ばかり書いててもPV増えないだろうな、何か特化できるものを探さなきゃな。

自分で道を切り開くのって相当な労力な。何もしてないけど、自分との闘いだ。

働いてた頃のしんどさを思い出せ

悲しい、切ない、やるせない、空虚、虚無、辟易、生まれたての小鹿の足みたいにブルブル震えながら出口の無い迷路を彷徨う時の感覚はとても口で言えるもんじゃない。ほんとに辛かった

あの頃の思い出は嫌という程脳に焼き付いてるはずだから、それを逆に利用するんだ。

あ、何かもう日記なのかブログなのかよく分からなくなってきた。

はぁー

トップブロガーに助けを求めたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました